時間効率が良い海外FXは副業におすすめ

不景気で給与が下がった、残業がなくなったので収入が減った、だから毎日のスキマ時間、出勤前、帰宅後に家で、週末だけで、といった時間効率の良い副業はないかと思っていませんか。そんな方には海外FX業者でFXをするのがおすすめです。

海外FX業者については次のような口コミがあり躊躇する人もいるのではないでしょうか。
金融庁が認めていないから利益が出ても出金拒否されたり、口座が凍結されて詐欺被害に会う、そもそも日本人が海外FX業者を使うのは法律的に問題あるといった口コミです。
確かに日本の金融庁は海外FX業者を認めていません、しかしそれと詐欺被害とは関係ありません。

むしろ日本より厳格な資金管理のライセンスを持っている海外FX業者は多数存在します。実際そういった海外FX業者には金融庁に登録された多くの国内FX業者より日本人が口座を持っています。
また、日本人が海外FX業者を通じてFXをすること自体、違法ではありません。海外FX業者は海外在住の日本人向けをうたっているだけで、日本在住者を勧誘してはいません。

海外FX業者は国内FX業者より時間効率が良いトレード環境を提供しています。
取引方式がトレーダーと市場の間にFX業者を挟む国内FX環境は、約定スピードが海外FX業者に劣り、一気に大量の注文が入ると滑るときさえあります。

海外FX業者の多くは、トレーダーと市場を直接結んでいるので構造的に約定スピードが速く、注文も滑りにくいです。
取引ツールに世界標準であるメタトレーダーを使っている海外FX業者が多いので洗練されたチャートで取引できますし、トレードを効率的にしてくれるインジケーターや自動売買システムのEAの種類も豊富です。

これに対して国内FX業者の用意する取引ツールは各社独自のものが多く、対応するインジケーターやEAも少なく、中にはEAの使用自体できない業者や有料で使用を認める業者もいます。時間の効率的利用に最適なトレード環境を提供している海外FXは様々なトレードスタイルに対応できます。
短時間取引に自信あればスキャルが推奨され取引方式がNDDの海外FX業者の方が有利で、スキマ時間にストレスなくトレードできます。
レバレッジが効くので自信があるときには大きなロットでトレードでき、さらに時間効率は高まります。

例えトレードが失敗しても入金額以上の損失が発生しないので、追証が発生して借金する恐れがある国内FX業者よりメンタルへの負担が小さいのも評価できます。
長時間取引が好きなトレーダーでも、ロットを小さくすればレバレッジ高い方が多くの玉を持ててトレードチャンスは広がり、しかもロスカット水準が国内FX業者より低いので、トレードの継続性があります。

ロスカットポイントが大きくなる日足だけ見るトレードや週末だけチャートを分析する人にも海外FXが最適です。
時間効率の良い取引環境を提供している海外FXは副業におすすめです。